福祉教育

 未来を担う子どもたちに対し、福祉に関する体験学習や当事者との交流を通じて、福祉に関する知識や技術だけではなく、相手の立場にたって考え、行動することや、誰もが地域で安心して暮らせることの大切さ等を学ぶ機会を提供することにより、豊かな福祉観を醸成し、福祉マインドを育成することを目的に実施しています。
 また、センターでは、学校における「総合的な学習の時間」を通し、学校と連携をとりながら地域と一体となった福祉教育の支援を行っています。

  • 福祉教育に関する相談、企画作成の助言
  • 講師、指導者の派遣調整
  • 福祉教育推進員の委嘱